キャンピングカーにチャイルドシートは取り付けできる?

この記事は約4分で読めます。

こんにちは! キャンピング大分です!

お子様がいるご家庭は普段から車にチャイルドシートを取り付けしていると思います。ではキャンピングカーにはチャイルドシートを取り付けないといけないのでしょうか? そもそも取り付けができるのでしょうか?

今回はキャンピングカーのチャイルドシート取り付けについてです。

キャンピングカーにもチャイルドシートを取り付けしないといけない?

結論から言うと、たとえキャンピングカーであってもチャイルドシートの取り付け義務があります。6歳未満の幼児を同乗させる場合は必ず取り付けを行いましょう!

道路交通法
(普通自動車等の運転者の遵守事項)
第七十一条の三
3 自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置であつて、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定に適合し、かつ、幼児の発育の程度に応じた形状を有するものをいう。以下この項において同じ。)を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。ただし、疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。

e-GOV 法令検索より引用

また、走行中は必ず全員シートベルトの着用をお願いしています。

キャンピングカーにはチャイルドシートを取り付けできる?

チャイルドシートの取り付け方法2つ

チャイルドシートには大きく分けて2つの取り付け方法があります。

シートベルト式
ISOFIX
  • 2点固定
    2点式のシートベルトに対応
    2点式はキャンピングカーに多い
  • 3点固定
    3点式のシートベルトに対応
    市販品はこのタイプが一般的
    キャンピングカーの一部のシートで対応
  • ISOFIX (アイソフィックス)
    ISOFIX対応の車に対応
    誰でも簡単に正確に固定ができる
    キャンピングカーではほとんどの車がまだ未対応
    (2021/06現在)


自家用車のシートベルトに取り付けしていたら3点式。それ以外はISOFIXと思っていいです。わからない場合は説明書を見るか、パートナーに聞きましょう。

レンタルキャンピングカーに対応しているチャイルドシートは?

レンタルキャンピングカーのシートベルトには2点式のものと3点式のものがあります。3点式は一般的な乗用車と同じタイプのシートベルトです。
2点式シートベルトは2本のベルトをお腹のあたりで締める方式のシートベルトです。飛行機のシートベルトやテーマパークの乗り物の安全ベルトなどをイメージするとわかりやすいと思います。

レンタルキャンピングカーチャイルドシート対応表

3号車
・3点式 (助手席)
・2点式 (セカンドシート)

4号車・7号車
・3点式 (助手席・サードシート奥)
・2点式 (セカンドシート・サードシート手前)

5号車
・3点式 (助手席)
・2点式 (セカンドシート以降)

6号車
・3点式 (助手席)
・2点式 (セカンドシート・サードシート)

8号車
・3点式 (助手席・サードシート奥)
・2点式 (セカンドシート・サードシート手前)

9号車
・3点式 (助手席・サードシート)

10号車
・3点式 (助手席・サードシート)

2点式チャイルドシートはレンタルできます!

チャイルドシートキャンピングカー

2点式のチャイルドシートをオプションでレンタル可能です。1台のみとなりますので、ご予約の際にお申し付けください。

チャイルドシート 2点式シートベルト用
550円 / 日 (税込)
レンタル一回上限1,650円 (税込)

使用上の注意について

【乳幼児に使用する場合】
後ろ向きで取り付けしてください。(新生児~3才くらいまで)
体重2.3~18kg、身長48cm~102cmまで。
背もたれの一番高い位置から25mm以上低い位置に、お子様の頭の一番上の部分があることが重要です。それ以上高い場合は、前向きで使用してください。
※約2才までは後ろ向きで使用することが推奨されています。

【幼児に使用する場合】
前向きで取り付けしてください。(1~8才くらいまで)
体重10~29.4kgまで、身長71cm~137cmまで。
背もたれの一番高い位置より、お子様の耳の位置が上に出る場合は使用できません。
※前向きの使用は必ず1才以上になってからご使用ください。

その他にもオプション用品をご用意しています! ぜひこちらからご覧ください!

コメント