キャンピングカーの外部電源について

この記事は約4分で読めます。

キャンピングカーオーナーや何度かレンタルを利用したことのある方へ
この記事はこれから初めてレンタルキャンピングカーを体験する方向けのページです。
できるだけ一般的な用語を用いて簡単に説明しています。正式名称ではなかったり厳密には違う事柄がありますが予めご了承の上お読みください。

外部電源とは

外部電源差し込み口

外部電源または外部充電とは、キャンピングカーの外側に差し込み使用する【施設(自宅)の電源】です。キャンピングカーと施設(や自宅)のコンセントを専用のコードで接続します。レンタルの際には専用コードが付属します。

キャンピングカーは電気が有限

まず前提としてキャンピングカーの電気はバッテリーで動いているので電気は有限です。【電気は有限】ということをまず覚えておきましょう。

お家では電気が使い放題なのであまり考えることはないかもしれませんが、私たちの生活の中では多くの電気を使用しています。特に一度に大量の電気を使う製品は基本的にキャンピングカーの中で使うことができません。

例えば【ドライヤー】、【IHクッキングヒーター】、【電気ケトル】などの熱を発生させる家電は多くの電気を一度に使います。ブレーカーヒューズが飛ぶ原因となりますので、キャンピングカーの中では使用しないでください。(外部電源をつないだらOK!)

また【家庭用エアコン】や【ウィンドエアコン】、【スポットクーラー】などが搭載されているキャンピングカーもありますが、使用するには別途外部電源の接続が必要になります。(9号車は外部電源をつながなくても最大で8時間使用ができます。)

外部電源を繋げるとどうなるのか

キャンピングカーの電源はバッテリーで動いているという話を前項でしましたが、外部電源を繋げると施設側の電気を車内でそのまま使えるようになります。お家の電気と同じ状態と思ってください。

外部電源が繋がっている時には電気を普段通りに使っていただいて大丈夫です。

電気はバッテリーで無限じゃない
外部電源を繋げたら施設の電気がそのまま使える

この外部電源が繋がっている時だけ【ドライヤー】や【電気ケトル】、【家庭用エアコン】などが使用できます。※家庭用エアコンなどの搭載は一部車両のみです。

どこに行けば外部電源が使えるのか

外部電源はどこでも勝手に使っていいという訳ではありません。自販機などから電源を引いてくると盗電となります。

代表的な施設は【RVパーク】です。RVパークは日本全国に存在する車中泊専用駐車場で、トイレやゴミ捨てができたり、温泉が近くにあったりと便利な場所が多いです。ほとんどのRVパークで外部電源が取れるので、初めての場合はぜひRVパークを利用してみてください!

RVパークは施設によってサービスの内容が異なりますので、RVパークのホームページで事前にチェックして予約しましょう!
RVパークホームページ (外部サイトに飛びます)

他には【キャンプ場】でも電源が使用できるところが増えています。ホームページや情報誌を見て、【AC電源付き】と書いてあれば使用できます。

エアコンについて

暖房は?

暖房はFFヒーターという専用の暖房が全車両に搭載されています。この暖房は燃料タンクから燃料を引いてきて燃焼させるタイプのもので、電気はそこまで使用しません。ですので、暖房の場合は外部電源の接続なしで簡単に使用ができます。

冬でも半袖でいいくらい暖かくなりますので、快適に過ごすことができます。キャンピングカーは夏より冬の方がシーズンと言ってもいいでしょう。

クーラーは?

レンタル車種エアコンの種類エアコン使用時の外部電源の接続
3号車なしパーキングクーラーの搭載なし
4号車家庭用エアコン必須
5号車家庭用エアコン必須
6号車スポットクーラー(夏季希望者のみ)必須
7号車ウインドエアコン必須
8号車家庭用エアコン必須
9号車家庭用エアコン任意※
10号車ウインドエアコン必須
停車中のエアコン

※9号車のみ外部電源の接続なしで家庭用エアコンが使用できます。外気温と設定温度によりますが、最大で8時間程度利用ができます。サブバッテリーで動かしますので、残量計をご確認しながら利用してください。真夏の車中泊時は外部電源の利用を強くおすすめしております。

走行中はカークーラーという皆様の自家用車にも付いているいわゆる【車のエアコン】が使えます。エンジンをかけていない時のクーラーは【家庭用エアコン】、【ウィンドエアコン】、【スポットクーラー】(以下パーキングクーラーと言います)などは外部電源の接続が必要となります。(9号車のみ外部電源の接続なしで最大8時間使用可)

電源がない場所での真夏のご旅行は基本的にクーラーは無いものと考え、旅行地をお選びいただくのが賢明です。特にペット可車両についてはワンちゃんネコちゃんたちの体調を一番に考え、こまめな休憩や水分補給を行うことが大切です。

→ レンタル車両に搭載されているエアコンの種類について