保険と保障について

保険内容

標準保険

保険内容保険金額免責金額
対人賠償無制限
対物賠償無制限10万円
人身補償無制限
車両補償時価額10万円
自損事故車両補償時価額10万円
NOC:修理中の代車補償修理日数×貸賃/2

オプション保険 【任意加入】

利用料金 1,100円/ 日

保険内容保険金額免責金額
対人賠償無制限
対物賠償無制限5万円
人身補償無制限
車両補償時価額5万円
自損事故車両補償時価額5万円
NOC:修理中の代車補償免除

■自走して返却された場合のNOCが免除となります。ただし保険適用外の事故の場合はご負担いただきます。
■免責金額の一部である、対物賠償の免責5万円、車両補償の免責5万円、自損事故車両補償の免責5万円のご負担をお客様にかわり補償いたします。
■お客様がご負担する対物賠償、車両補償、自損事故車両補償の免責金額は最大5万円となります。

※複数の事故を発生させた場合、初回のみ適用となります。
※保険適用外の事故や損害の場合、全額ご負担いただきます。
※自走できない場合のNOCはご負担いただきます。

NOCノンオペレーションチャージ

ノンオペレーションチャージ(NOC)とは、事故や盗難、故障、汚損などを起こし、通常とは異なるメンテナンスや修理、特殊清掃が必要となった場合、その期間の休車保障として頂戴する金額です。

自走して返却された場合のNOC
休車期間 × 該当期間のレンタル料金の1/2
※オプション保険加入の場合免除

自走できない場合のNOC
◆自走できずに当店に返却できなかった場合(路上放置等)
15万円 + レッカー費用 + 諸費用
※オプションの特約は該当しません。

付随する特約内容

標準保険、任意保険どちらも同じ内容です。

付随する特約内容
◆被害者救済費用特約
◆対物全損時修理差額費用特約
◆無保険車障害特約
◆臨時代替自動車特約
◆弁護士費用特約
◆ロードアシスタンス特約

万が一の時は

事故を起こした場合や、車が動かなくなった場合の対応について
二次被害を防ぐため、落ち着いて上から順番に行動してください。

一般道の場合
・まずは落ち着いて状況を確認してください。
・ハザードランプを点灯させてください。
・二次被害を避けるため、安全な場所に車を停車させてください。
・路肩など追突の危険性がある場合は、運転者や同乗者全員車内から出て、ガードレールの外側など安全な場所に避難してください。
・怪我人がいて、追突などの危険性がない場所 (駐車場など) では、救急車が来るまで車内の就寝スペースを利用して構いません。

高速道路の場合
・まずは落ち着いて後続車等がいないか確認してください。
・ハザードランプを点灯させてください。
・速やかに車を路肩や安全帯に移動してください。
・本線や路肩を歩き回らないようにしてください。
・発煙筒を炊いてください (助手席下またはグローブボックス内にあります)
・三角表示板を車両の5mほど後ろに置いてください。(運転席後ろもしくは棚の中にあります)
・運転者や同乗者全員車内から出て、ガードレールの外側などの安全な場所に避難してください。

★避難が完了したら
怪我人がいる場合は、通報する人、救護する人、AEDや応援を呼ぶ人などに別れ、迅速に行動してください。

① 110番の通報を優先してください。怪我人がいる場合は119番の通報も合わせて行ってください。自損事故の場合も警察へ連絡をお願いします。(事故証明の取得)
救急車119 → 警察110 → 保険会社 → キャンピング大分 の順で通報してください。

② 負傷者の救護を同時に行います。119番の通報時に指示をもらってください。

③ AEDや応援が必要な場合は、持ってきてください。
高速道路の場合、サービスエリアやパーキングエリアに設置してあります。
→ AEDが設置してあるSA・PA
→ 全国AEDマップ

◆キズの大小や相手の有無にかかわらず必ず事故現場から警察、保険会社、当社へご連絡をお願いいたします。返却時の事故申請は保障の対象外となり、全額ご負担いただきます。

保険適用外の事故や損害の例

以下の条件に当てはまる場合、保険の適用外となり、全額お客様のご負担となります。
当社がお客様が負担する損害金の支払いを行った場合、直ちにその全額を当社にお支払いいただきます。

■事故現場より、警察および当社への連絡が取られなかった場合
■無免許運転や免許証条件違反、酒酔い運転、麻薬や薬物を使用しての運転、無謀運転など、違法運転をした場合
■貸渡契約に記載された主運転者、副運転者以外の方の運転、または、運転免許証の預かりが無い方の運転
■各種テストやレースに使用した場合
■他車のけん引や後押しに使用した場合
■迷惑駐車、違法駐車に起因した損害
■故意に事故を引き起こした場合
■借受人またはその同行者の所有、使用、管理する財物に与えられた損害
■借り受け期間を無断延長し、無断延長中に事故を引き起こした場合
■破壊の意思があるかどうかに関わらず、通常の使用ではない方法により車を破損させた場合(例:ボンネットや屋根の上に乗る、花火を車に当てる、大人数でベッドの上で飛び跳ねる、カーテンを引きちぎるなど)
■当社が禁止している行為による事故(例:車内調理で火事、車内喫煙で火事、ペット禁止車両での汚損、土足での家具汚損など)
■使用、管理上においてお客様に責任が認められる場合(例:キーの刺しっぱなしによる盗難、キーの紛失や破損、装備品やオプション用品の紛失、チャイルドシートの装着不備による損害など)
■走行が禁止されている場所または当社が禁止した場所での事故
(当社が走行を禁止している場所:日本国外、河川敷、海岸、砂浜、沼地、他人の私有地、普段走行に使用しない場所、維持管理されていない場所、サーキット、法律によって走行や侵入が禁止されている場所、その他乗用車が走行できない場所はキャンピングカーも走行できません )
■パンクやタイヤの損傷、ホイールキャップの紛失
■無断で示談をした場合
■油種の入れ間違い
■地震、噴火、津波、台風、洪水、高潮、戦争、内乱による損害
■貸渡約款の事項に違反がある場合
■その他、お客様の責に帰すべき事由がある場合
その他保険会社規定に準じます

任意保険についてのよくある質問

保険内容、特約内容について

免責金額は保険事故の際に、損害金額の一部をお客様がご負担する金額のことです。
例えば自損事故で免責金額が10万円のとき、修理にかかる金額が10万円以上の場合は、10万円のご負担となります。修理にかかる金額が10万円に満たない場合、実際にかかった金額の実費をご請求いたします。
ただし自損事故で他人の所有物を破損させた場合などは、自損事故車両保障の免責に加え、対物賠償の免責金額が発生いたします。

対人賠償とは他人を死傷させた場合の補償のことです。
歩行者と接触し死亡させた場合や、車に接触し運転者がケガをした場合などに補償されます。
保険金額は無制限です。

対物賠償とは他人の所有物を壊した場合の補償のことです。
車に接触し相手の車を破損させた場合や、お店の屋根にぶつけた場合などに補償されます。
借受人またはその同行者の所有、使用、管理する財物に与えられた損害 は補償の対象外となります。
保険金額は無制限です。免責金額は通常保険の場合10万円、オプション保険の場合5万円を上限としてご請求いたします。

人身傷害とは借受人またはその同行者が死傷した場合の補償のことです。
乗車中に事故でケガをした場合などに補償されます。
事故前の死傷や、車内で頭をぶつけて死傷した場合などは補償の対象外となります。ご自身の生命保険をお使いください。
保険金額は無制限です。

車両補償とは車両が事故で破損した場合に、修理費を補償する保険のことです。
保険金額は時価額です。免責金額は通常保険の場合10万円、オプション保険の場合5万円を上限としてご請求いたします。

自損事故車両保障とは自損事故での車両補償のことです。
自損事故の場合でも他人の所有物(建物、車両などやガードレール、ブロック塀などの公共物)の賠償責任がありますので、必ず警察と保険会社、当社にご連絡をお願いいたします。
保険金額は時価額です。免責金額は通常保険の場合10万円、オプション保険の場合5万円を上限としてご請求いたします。

任意保険に追加でついてくる補償のことです。
標準保険とオプション保険の特約内容はどちらも同じ内容となります。

車両の欠陥(※1)やハッキングなどによる不正アクセス(※2)により事故が発生した場合や、責任無能力者(※3)の運転による事故の場合に補償されます。

※1 自動走行システムの不具合などが対象となります。なおレンタル車両に自動走行システムが搭載されている車両はございません。また事故の原因が警察の捜査により明らかになった場合とリコールの場合に限られます。
※2 事故の原因が警察の捜査により明らかになった場合
※3 事故時の運転者が責任無能力者であり、法律上の損害賠償責任が負わないことが確定している場合。ただし免許証の提示が受付時に無かった場合や、貸渡契約書に名前を記載しなかった場合は保険の対象外となります。

対物全損時修理差額費用特約とは、相手の車などの修理費用が時価額を上回った場合に、その差額分を補償するものです。
相手の車の年式が古い場合、対物賠償で補償される時価額よりも修理費用の方が高くなる場合があります。差額分の最大50万円が補償されます。

無保険車傷害特約とは、任意保険に加入していない車やバイクから被害事故を受け、死亡または後遺障害を被った場合に自賠責保険の範囲を超える範囲の保険金が支払われる特約のことです。

臨時代替自動車特約とは、整備や修理中の代車に関しても同様の保険内容で保険金が支払われる特約のことです。借受人が利用することは通常ありません。

被害事故の際に弁護士等の費用を補償する特約です。
弁護士、司法書士の報酬や弁護士、司法書士への法律相談費用、弁護士、司法書士、行政書士への書類作成業務費用などが対象となります。
士業の先生へ委任する際は、事前に保険会社の承認が必要です。

事故や故障の際にロードサービスが受けられる特約のことです。
レッカーやバッテリー上がり(メインバッテリーのみ)、パンクなどが対象です。
使用する場合は保険会社と当社へ必ずご連絡ください。

万が一の場合について

詳しくはこちらをご覧ください。

慌てずにまずは安全な場所に避難してください。当社へのご連絡は最後で結構ですので、警察や保険会社の指示に従うようにしてください。

営業時間内であれば 097-549-0555 までお電話ください。(水曜日を除く9時から18時まで)

営業時間外のご連絡先は最初にお渡しする説明書の中に記載がございます。個人の携帯電話番号になりますので、インターネットへ公開しないでください。

必ず事故現場からお電話ください。事故現場以外からご連絡した場合、保険の対象外となりますのでご注意ください。
連絡の順番は、救急車(必要な場合)→ 警察 → 保険会社 → 当社 でお願いいたします。
保険会社と当社のご連絡先は、お渡しする説明書に記載されています。

■二次被害を防ぐため、道路の端や、駐車場など安全な場所に車両を移動させてからご連絡をお願いいたします。

事故の際は速やかに事故現場からの通報をお願いしておりますが、駐車場で止まった際にキズに気がついたという方もいらっしゃいます。その場合は、気づいた段階で早めにお電話をお願いいたします。

他車運転特約に加入していれば使用できる場合もあります。保険の範囲で修理ができない差額分に関しては実費をご請求させていただきます。またNOCに関しては保険の対象外ですので、別途ご請求させていただきます。ただしオプション保険に加入している場合、NOCは免除となります。

利用する場合は、利用の可否を含め、自分の保険会社と当社契約の保険会社両方へご連絡をお願いいたします。

お支払いやその他の質問について

オプション保険は任意での加入となります。
ただし標準保険の場合、万が一の際ご負担いただく金額が大きくなりますので、オプション保険のご加入を強くオススメしております。また、オプション保険のご加入は貸渡受付前までとなっており、ご出発後のご加入はできませんのでご了承ください。

免責金額は現金もしくはお振込のみで頂戴しております。